ヨットに乗る際のウェアの選択はヨットの艤装と並んでとても重要で、その日のコンディションに合わせて最適なウェアを着ることで最高のパフォーマンスを発揮できます。

※江ノ島や関東近辺の気候を想定しているので、ご自身のセーリングの環境によって時期を読みかえてください。

ドライスーツについてはこちら



春(3月〜5月)

春先は水温が低い事に加えて春一番で強い風が吹く日が多いので、例え最高気温が高くても(20℃くらい)冬用のウェアでのセーリングをオススメします。

スーパーウォームのトップスキフのセットをメインに、穏やかで暖かいという日はトップだけをマイクロフリース等にすることで容易に体温調整ができます。


・スーパーウォームX トップ



・スーパーウォームX スキフ


梅雨、初夏(5月〜7月)

水温が上がり暖かい日が多くなるので冬用ウェットスーツの出番は減ってきますが、雨が降ると体感温度が一気に低下するのでこの時期でも薄手のウェットスーツや防水のトップは欠かせません。

マイクロフリースのトップスキフのセットをメインに、雨風が強い日はトップのみスーパーウォーム、穏やかな日はハイドロフォビックフリースを着るなどして体温調整をすると良いでしょう。また突然の雨に備えてコンパクトで防水性、防風性のあるブリーザブルスモックを1枚海上に持っていくのがオススメです。


・マイクロフリースX トップ



・マイクロフリースX スキフ


夏(7月〜10月)

梅雨が明け連日30℃を超えるうだるような暑さの日はセーリング中でも極力体温を下げる必要があります。しかし日によっては最高気温が上がらず(25℃くらい)雨や風が強い日もあるので、薄手のフリースや防水トップを準備しておくと良いでしょう。

スパンデックスハイブリッドギアは濡れることにより水分の蒸発で体を常にクールに保つ機能があるので、酷暑の時期は最適です。日が陰って肌寒い日は適度な保温性と高い通気性を持つハイドロフォビックフリースや、ブリーザブルスモックで体温をコントロールしてください。


・ハイドロフォビックフリース トップ



・ハイドロフォビックフリースパンツ


秋、初冬(10月〜12月)

この時期は気温の変動が大きく、薄手のウェットでも十分な日があったり冬用のウェットに防水トップを着る必要があったりと、その日のコンディションによって適切なウェアが大きく異なってきます。

スーパーウォームマイクロフリースのトップとスキフのセット、ブリーザブルスモックを組み合わせて着るのがオススメです。



・ブリーザブルスモック


冬(12月〜3月)

暖かい日が少なくなり最高気温も高くて10℃程度になってくると、冬用のウェットスーツと風も防げる防水トップは欠かせません。しかしそれだけでは防寒対策としては不十分なので、ウェットの下にインナーを着たり頭や足元といった体の末端や、太い血管が通る首元を温めると体感温度がぐっと上がります。

この時に注意したいのがヨット用ではないインナーを着てしまうと、汗や水分を体の表面から分離させる機能が弱いので結果として体を冷やすことになってしまいます。ネックウォーマー等も同様で濡れた時に水を吸ってしまい保温としての効果を発揮できません。

インナーにスーパーサーマルハイドロベースハイドロフォビックフリース、その上にはスーパーウォームのトップスキフ、アウターにはブリーザブルスモック、頭にはセーリングビーニー、首元にはネックゲーター、足元にはスーパーウォームソックスを着れば冬のセーリングの準備は万全です!




・セーリングビーニー


・スーパーサーマルベーストップ


・スーパーウォームソックス


・(参考)その日のウェアの選び方

季節は関係なくその日のセーリングに何を着て行こうか迷う場面は多々あると思います。その時に参考となるざっくりとした基準があるのでご紹介します。

まずその日の気温に対して体感気温は風速が1m上がる毎に1℃、雨が降ると10℃下がると言われていて、例えば最高気温20℃、風速5m程度の日に雨が降ると体感温度は5℃程度となるので冬用のウェアを検討するのが良いと言えます。

上記基準に加えて水に濡れるかどうか水温がどうかも加わることとなりますが、手持ちのウェアなら何度まで大丈夫かを判断する材料にしてもらえればと思います。