ザイクにはディンギー用ウェアだけでなくキールボート用のウェアも高品質で豊富な製品が揃っており、Donfeng Race Team(Volvo Ocean Race 2017-2018 優勝)やAlex Thomson Racingといった極限の環境へと挑むセーラーにザイクのウェアが採用されています。


アウターレイヤー

アウターレイヤーに求められる主な役割は雨やスプレーから保護する防水機能と風を防ぐ防風機能です。

ザイクでは用途に応じて複数のラインナップがあり、大まかに以下のようになっています。


アウターレイヤーはオフショア向けとインショア向けに分類されますが、インショア向けは運動性を重視して短めの裾丈、細身のシルエットになっています。

対してオフショア向けは激しいスプレーや波から体を保護するために裾丈や襟が長めになっており、ミドルレイヤーを着込めるようやや余裕のあるシルエットになっています。

レーシング向けのアウターレイヤーは高い防水性と透湿性を兼ね揃えた生地を使用しているので、激しい運動や過酷な環境下でもアウターの下は常にドライで快適にセーリングをすることが出来ます。特に気温や湿度が高い梅雨の雨のような日でも熱や湿気がこもらないので、時期を問わずお使い頂けます。


<おすすめの製品>

・カイアマ ジャケット


カイアマは十分な防水性を持ちながらも、シンプルでスタイリッシュなデザインにより海の上はもちろんのこと、街中でも活躍するオールマイティなジャケットでチームウェアやユニフォームにも最適です。

>>アウターレイヤーの購入はこちら→[メンズ], [レディース]


ミドルレイヤー

ミドルレイヤーに求められる主な役割は保温機能と、ベースレイヤーが吸い上げた汗を放出するための通気性です。

製品によってはミドルレイヤー(ソフトシェル)でも防風性や撥水性をもたせる事により、温暖な日であれば軽い雨やスプレー程度ならアウター無しでも過ごせるものもあります。


<おすすめの製品>

・パーシャ ジャケット


パーシャは軽量で高品質なフリース素材を使用することにより高い保温性と通気性を併せ持ち、シンプルなデザインながら機能的で使い勝手の良いミドルレイヤーです。

>>ミドルレイヤーの購入はこちら→[メンズ], [レディース]

>>ボトムスの購入はこちら→[メンズ], [レディース]


ベースレイヤー

ベースレイヤーに求められる主な役割は保温機能と、汗を素早く放出して体をドライに保つ吸水速乾性です。

特に運動量の多いボートでは吸水速乾性は重要で、セーリング用ではないベースレイヤーだと汗を放出しきれずに汗で濡れた体が冷えてしまいます。


<おすすめの製品>

・スーパーサーマルハイドロベース


スーパーサーマルハイドロベースは内側全体に高い保温性と吸水速乾性を持つハイドロベースがライニングされているので、普段は暖かく運動して汗をかいた後も体をドライに保って常に快適な状態を保ちます。

>>ベースレイヤーの購入はこちら→[メンズ], [レディース]


夏季

夏季は気温が高いのでシャツやショーツだけでも過ごせますが、通気性が高い事と紫外線から体を保護できる機能を持つものが望ましいです。


<おすすめの製品>

・アブレア2 ロングスリーブトップ


アブレア2は圧倒的な撥水性を持つドライトップです。撥水性に加えて高い通気性を持っているのいるので、スプレーを浴びても汗をかいても身体は常にドライで快適に保たれます。

・エイペックスショーツ

エイペックスショーツは防水透湿生地を使用しており、スプレーやデッキを伝ってくる水でお尻が濡れることがありません。ショーツなので気温や湿度が高い夏の時期でもお使いいただけます。

>>ドライトップの購入はこちらから→[メンズ], [レディース]

>>ショーツの購入はこちらから→[メンズ], [レディース]